MENU

毎月の収入の中でお金をなんとかやりくりして生活

日々生活していく上でお金はなくなてはならないものです。通常は毎月の収入の中でお金をなんとかやりくりして生活していきます。このこととを心がけていれば特に問題は生じません。ところが、想定外のことが起きてお金を借りなくてはならない場面もあるのが人生です。理由は人それぞれあるかと思いますが、どうしても手元のお金だけでは足りない場合には銀行や金融会社でのキャッシングを利用しなくてはなりません。お金を借りることは決していけないことではありません。ただし、お金を借りる際の心構えがしっかりしていないことは問題です。
では、どういう心構えが必要なのでしょうか。

 

まずは、どうしてお金が必要なのかという理由をはっきりとさせましょう。人それぞれにいろいろな理由があるかと思います。家の新築やリフォーム、マンションの購入などのため住宅ローンを組むのでお金が必要な場合もあるでしょう。車を購入するのにお金が必要な場合もあります。どうしても欲しいものがあり、それを購入する資金のためにお金が必要な場合もあるでしょう。まずは、目的をはっきりとさせてからいくら必要なのかを把握しましょう。そして、これが一番大切なことですが、計画的な返済を考えることです。
ただしお金を借りるということは、何らかの理由で返せなくなることもあります。そのようなときの備えて以下のことも考えておくことをおすすめします。

 

(1)お金を返済できなくなった場合にどうやって生活するのか

(2)お金を返済できなくなった場合に現在の仕事にどんな影響があるのか
(3)お金を返済できなくなった場合に頼るところ、あるいは収入はあるのか

 

 

お金を借りる際には、最悪の場合も想定しておくことが大切です。
まずは、これらの心構えを確認してから行動を起こすようにすることが大切です。

 

返済計画の立て方

お金は借りたら返さなくてはならないものです。そのためにはきちんと返済計画を立てなくてはなりません。そこで、以下のようにして返済計画を立てましょう。

 

(1)現在の収入の把握

現在、1ヶ月に自分にはどのくらいの収入があるのかを把握します。貯金などがないためにお金を借りることになるのですから、返済の原資になるのは毎月の収入以外にはありません。まずはここからスタートです。

 

(2)毎月の返済額の決定

毎月の収入がわかれば、毎月の返済にいくらのお金を回せるのかがわかります。収入から生活費などを差し引いて残ったお金で返済することになります。

(3)完済期限の決定

借りる金額と毎月の返済額がわかれば、単純に割り算をすればいつまでに返済できるのかがわかります。