MENU

お金を借りるガイドブック | 学生がキャッシングでお金を借りる

 

◆学生がキャッシングでお金を借りることが可能なのか?

未成年者の方でも何らかの理由で急にお金が必要になることがあります。そこで、どこかでお金を借りようとするわけですが、一般的に消費者金融などのキャッシングでお金を借りることができるのは、満20歳以上となっています。

 

つまり、高校を卒業して就職し働いていたとしても、原則として未成年者はキャッシングでお金を借りることはできません。
20歳になった時点で初めてキャッシングを利用できるのです。

 

ところが、原則があれば例外もあり、未成年者でもキャッシングでお金を借りることができる条件があります。その条件とは、学生であることです。

 

実は消費者金融が学生向けにキャッシングサービスを行っているため、未成年者であっても学生であればお金を借りることができるのです。

 

もっとも、すべての消費者金融が学生キャッシングのサービスを行っているわけではありません。キャッシングサービスを行っていない会社もありますので、学生がキャッシングを利用しようとする場合には会社を選ばなくてはなりません。
また、キャッシングサービスを行っている会社であっても、どこの会社でも安全で信頼できるわけではありません。あやしい消費者金融会社もあるでしょうから、細心の注意を払って選択することが大切となります。

 

社会人相手の消費者金融会社でも悪徳な業者がいますので、初心者の人は特に気をつけなければなりません。何よりも安全で信用できるところでキャッシングを利用するようにしましょう。

 

◆学生のキャッシングの注意点

学生がキャッシングでお金を借りる場合に注意しなければならないことがいくつかあります。
まず、身分証明書として学生証が必要となります。学生キャッシングを利用するわけですから、審査の際に学生の身分を証明するものとして学生証が必要となります。ときどきあることなのですが、実際には入学していないのに学生を名乗っているという人もいるようです。

 

その他にも申し込みをする際に必要書類の提出を要求されます。一般的には、健康保険証や収入証明書が必要となります。学生の場合はまだ就職していませんので、アルバイトの収入証明書となります。アルバイトなどで収入を得ている学生の場合には、比較的にキャッシングの審査は通りやすくなります。しかし、アルバイトなどをしてなくて収入がない場合には、キャッシングするのが困難なケースが多いでっす。

 

なお、アルバイト収入があっても高校生の場合はまずキャッシングの審査は通りません。