MENU

お金を借りる理由を明確にしておこう

 


お金を借りるにはカードローンからの借入が比較的早く借入できることが可能です。もちろん必要書類や個人を証明するための免許証などの事前準備は必要です。
カードローンは手軽に申込ができて、必要な時に提携ATMに行けばお金を引き出すことが可能です。カンタンに借入できるため、(気が付いたら限度額まで使っていたという方)返済計画などきちんと立てておく必要があります。カードが作成できたから、それでいいのでなく、収入に見合った借入と返済をしていく必要があります。もしわからなければ各ローン会社の返済シュミレーションなどもありますし、直接オペレーターと会話しながら返済のことについて相談してみましょう。

プロミス

 

審査時間 最短30分
無利息期間 30日間無利息あり
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円

※無利息期間対象となる方 Eメールアドレスの登録のうえWEB明細をご利用いただける方

最短30分審査で平日午後2時迄にWEB契約が完了すれば、即日振込融資も可能。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、24時間最短10秒で振り込みの「瞬フリ」を利用できます。※審査によりご希望に添えない場合があります。
アコム

 

 

審査時間 最短30分
即日融資 迅速対応
実質年率 4.7%〜18.0%
限度額 1万円〜500万円

 

最短30分審査、平日14:00までに契約が完了し、必要書類の確認が出来れば即日振込融資。最短1時間で融資可能!3秒で申し込み可能か分かる3項目の入力で借入可能か瞬時に診断!最大30日間金利0円だからどこで借りる迷われているならアコムをおすすめします。※審査によりご希望に添えない場合があります。

****************************************************************************

モビット

 

 

審査時間 10秒で審査結果表示
即日融資 迅速対応
実質年率 4.8%〜18.0%
限度額 1万円〜500万円

 

即日融資でおなじみのモビット!「WEB完結」なら電話連絡なし!郵便物なし!家族に内緒で借入れしたい方にはうれしいサービス!当日カードを受け取りたいならネットで申込後、モビットローン申込み機で即日カード発行可能です。※審査によりご希望に添えない場合があります。
イオン銀行

 

 

審査時間 10秒結果表示
即日融資 最短即日
実質年率 3.8%〜13.8%
限度額 最大800万円

 

銀行カードローンの中でも特に金利が低いイオン銀行!月々の返済も3000円からとなっていますので家計の負担になりません。収入証明不要(300万円までも申込なら)イオンモールなどご利用の方には買い物ついで利用できるので便利です。※審査によりご希望に添えない場合があります。
レイク

 

 

審査時間 画面に結果表示
所得証明書 100万円以下不要
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円

 

2つの無利息が選べる新生銀行カードローンのレイク!収入証明の提出は原則不要です。平日に融資を希望の方は平日14時までに申込と必要書類の完了が必要となります。※審査によりご希望に添えない場合があります。

生活をしていくにはお金が必要だから

日々生活していく上でお金はなくなてはならないものです。通常は毎月の収入の中でお金をなんとかやりくりして生活していきます。このこととを心がけていれば特に問題は生じません。ところが、想定外のことが起きてお金を借りなくてはならない場面もあるのが人生です。理由は人それぞれあるかと思いますが、どうしても手元のお金だけでは足りない場合には銀行や金融会社でのキャッシングを利用しなくてはなりません。お金を借りることは決していけないことではありません。ただし、お金を借りる際の心構えがしっかりしていないことは問題です。
では、どういう心構えが必要なのでしょうか。

 

200×200バナー

まずは、どうしてお金が必要なのかという理由をはっきりとさせましょう。人それぞれにいろいろな理由があるかと思います。家の新築やリフォーム、マンションの購入などのため住宅ローンを組むのでお金が必要な場合もあるでしょう。車を購入するのにお金が必要な場合もあります。どうしても欲しいものがあり、それを購入する資金のためにお金が必要な場合もあるでしょう。まずは、目的をはっきりとさせてからいくら必要なのかを把握しましょう。そして、これが一番大切なことですが、計画的な返済を考えることです。

ただしお金を借りるということは、何らかの理由で返せなくなることもあります。そのようなときの備えて以下のことも考えておくことをおすすめします。

 

(1)お金を返済できなくなった場合にどうやって生活するのか

(2)お金を返済できなくなった場合に現在の仕事にどんな影響があるのか
(3)お金を返済できなくなった場合に頼るところ、あるいは収入はあるのか

 

お金を借りる際には、最悪の場合も想定しておくことが大切です。
まずは、これらの心構えを確認してから行動を起こすようにすることが大切です。

 

返済計画の立て方

お金は借りたら返さなくてはならないものです。そのためにはきちんと返済計画を立てなくてはなりません。そこで、以下のようにして返済計画を立てましょう。

 

(1)現在の収入の把握

現在、1ヶ月に自分にはどのくらいの収入があるのかを把握します。貯金などがないためにお金を借りることになるのですから、返済の原資になるのは毎月の収入以外にはありません。まずはここからスタートです。

 

(2)毎月の返済額の決定

毎月の収入がわかれば、毎月の返済にいくらのお金を回せるのかがわかります。収入から生活費などを差し引いて残ったお金で返済することになります。

(3)完済期限の決定

借りる金額と毎月の返済額がわかれば、単純に割り算をすればいつまでに返済できるのかがわかります。

 

銀行カードローンなら 銀行カードローン比較LIST.jp